中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 白門40年会支部

白門40年会支部

3年ぶりに対面での総会を上野精養軒で開催
懇親会はジャズの生演奏と歌で盛り上がった

▽2022年4月16日(土)
▽上野精養軒

画像
Tossy Kashima & good friends

 4月16日(土)午後3時から上野精養軒で白門40年会の第27回定時総会・懇親会を開催した。コロナ禍で対面での総会が出来ない状況が続いたので、3年ぶりの対面での総会・懇親会となった。首都圏だけでなく遠く岐阜や浜松からの参加者もあり、41名の会員が集まった。司会と進行は古谷泰久事務局長が務めた。

 1昨年の第25回総会(書面審議)で3代目会長に選出された大泉清会長が冒頭で挨拶した。「私にとっては総会デビューです。皆さん方とは初めてお話することになります。さて、日本ではコロナ、世界ではロシアの侵略によるウクライナ戦争。どちらもまだ先行きが見えません。この場では以下の3点について話します。①箱根駅伝で10年ぶりにシード権獲得②法学部の茗荷谷キャンパスと20階建ての駿河台キャンパスの開設③白門飛躍募金について」と続け、最後に「40年会は3年後に設立30周年、卒業60周年を迎えます。人生100年時代、絡み合う人生を生き抜きましょう」と締めくくった。

画像
大泉清会長
 中田久尚副会長が第1号議案から第5号議案を提案。令和3年度の事業報告や決算報告、令和4年度の一泊旅行や観劇会、暑気払い、忘年会などの事業計画とその収支予算案などを拍手で承認した。その他の議題とし、「白門飛躍募金」協力については、初代会長で現・常任幹事の新井嘉昭君が説明した。続いて小田急線の東北沢駅にあった代々木寮の元寮生の福島義宣君と田中秀男君、池谷文男君が懐かし代々木寮の思い出を語った。その後全員で記念撮影をして総会は終了。
画像
第27回定時総会
 午後4時からの懇親会は前田紘子常任幹事が総合司会、会長の挨拶の後、来賓として出席いただいた学校法人中央大学の大村雅彦理事長、久野修慈学員会会長から祝辞をいただいた。大村理事長からは「中大の現状と法学部の都心回帰、多摩キャンパスの今後など」について話してもらい。久野会長からは「都心回帰については法律を変える必要があり、自民党の二階俊博自民党幹事長(白門三六会)に大変にご尽力していただき、なんとか都心回帰が出来た。私は来週からモスクに行く。ロシアとの漁業交渉がまだまとまっていないので、この交渉を成立させるためだ」などの話を元気いっぱい、声高からに話してもらった。久野会長の祝辞はオーラがあり、聞いていて元気がもらえる。

 西山勝凱副会長の乾杯では、西山君が「まず亡くなった会員の方への献杯から始めましょう」と前置きしてからの「乾杯」となった。テーブルには「NO WAR ウクライナ」とラベルの張られた日本酒も並べられた。メーカーの第一酒造(福島県)の話では「売り上げの30%はウクライナ支援のために寄付します」とのことだ。しばし歓談して場も和やかになった頃に、白門飛躍募金の募金箱を会場で回すとなんと、8万8649円が集まった。その場呼び掛けの寄付でこれだけの金額が集まると、皆さん方の中大への愛が感じられ嬉しい限りだ。 

 この後で40年会の懇親会では初めてのバンドの生演奏。特設ステージにはピアノ、ギター、ドラム、サックスの「Tossy Kashima & good friends」が登場、ジャズを歌うのは40年会の鹿島利友君。鹿島君は中大の学生時代に軽音楽部で活躍し、公演で全国を回ったこともあるそうで、現在でも地元の川口では個人でライブを開いている実力の持ち主。フランクシナトラやナットキングコール、ニールセダカの「恋の片道キップ」など、懐かしいジャズ6曲を歌い、アンコールは「ダイアナ」を歌った。初の試みだったが、このライブのジャズ演奏と歌で親睦会の雰囲気も最高に盛り上がった。イベントの主催者としては「やって良かった」と実感した。
画像
生バンドでジャズを披露した鹿島利友君
画像
 この盛り上がりを受け継いで、武村宏一郎副会長がお馴染みのエール、校歌を全員で歌い上げた、そして、恒例の「惜別の歌」、今回はCDを流し、肩を組んで全員で歌った。やはり「惜別の歌」は中大のイベントには欠かせない。学生時代の思い出が蘇ってくる。最後は副会長の平井輝久君が閉会の辞、「来年も元気よく、全員揃って集まりましょう」と述べ、午後6時に閉会した。駿河台キャンパスが建設中のため上野の精養軒で開催したが、親睦会の会場としては、眼下に不忍池も見渡すことが出来、天井も高い。2段重ねの洋風弁当も美味で、ジャズの生演奏も参加の皆さん方に好評だった。また来年も元気よく集まりましょう。

(会長 大泉 清)



▲TOP