中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 長野県中信支部

長野県中信支部

支部創立70周年記念行事について【前編】

▽2022年7月3日(日)
▽アルピコプラザホテル

画像
久野会長のご挨拶で式典がはじまりました

 猛威をふるうコロナ下ではあるが、長野県内が感染リスク「レベル1~2」を維持する中で「支部創立70周年記念事業」を行うことができました。その後全国的にコロナ感染者が急増するなかで正しく奇跡の開催日程となったわけで、8か月にわたる苦しい準備活動を忘れる喜びの一日となりました。
 支部総会・記念式典・祝賀昼食会・高校生向けの座談会と目まぐるしいスケジュールで行われた模様を「前編・後編」に分けてお伝えいたします。
 開催日の最終決定は5月末日と決め、長野県内の感染状況が安定的に推移「レベル1~2」あることを確認して、ゴーサインを出し、一気に7月3日開催に向けて準備活動を加速させました。
 お招きを予定していたご来賓の皆さまや、後編でお伝えする座談会に出席する高校生に、急遽案内状をお送りするなど輻輳する準備でした。
 アルピコプラザホテルでは前日15時からの会場準備に汗を流し、開催日7月3日を迎えました。

支部総会について
 3年ぶりの開催となった総会には支部会員も40名ほどが出席しました。この席には大村理事長はじめ多数のご来賓もご臨席いただく光栄によくしました。冒頭幹事長から、学員会顧問弁護士堀合様からの祝電披露、また「小林支部長が学員会の副会長に推挙・選任されました」との報告がありました。
 令和3年度に関わる「事業報告・決算報告・監査報告」が承認され、続く令和4年度に関わる「事業計画案・収支予算案・70周年記念事業に関わる事業計画・収支予算案・役員改選案」は小林支部長の議事進行で上程された議案はすべてが承認されました。
 締めくくりに支部長から、この度の学員会副会長就任したことも含めてご挨拶があり、総会は予定通り無事終了しました。

創立70周年記念式典について
 引き続き同一会場で、記念式典が藤森副支部長の司会により開式されました。ご来賓には、久野学員会会長・大村大学理事長・才口弁護士、学員会より山本副会長・松村副会長・岡田副会長・林勘市弁護士、友好支部からは藤沢白門会・長野白門会・諏訪支部、父母連絡会長野県支部と20名を超える皆さんにご参列いただきました。
 式典では母校校歌の斉唱、続いてご来賓の久野会長、大村理事長、才口弁護士の3氏の方々からお祝いのご挨拶をいただきました。ご来賓からは活発な支部活動や社会貢献活動に触れられ、支部活動にお褒めの言葉をいただきました。小林支部長からは、御礼の挨拶とともに、「支部創立70周年誌」を年末までに刊行したいと決意が表明されました。
 また、記念事業として、「松本市に車いす2台」の贈呈式が行われ、健康福祉部長からご挨拶と感謝状が伝達され、記念式典は予定通り終了いたしました。

記念祝賀昼食会
 45分間の記念祝賀会はコロナ対策を考慮し、お弁当形式でワインは軽く一杯の開宴となりました。
 藤澤白門会の片岡支部長からは、両支部間の長い交流に言及されてのご挨拶をいただき、お祝いの席を盛り上げていただきました。

(幹事長 宮澤 昇)



▲TOP