中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 東京中野区支部

東京中野区支部

「観桜の集い」を開催

▽2022年4月2日(土)
▽中野サンプラザ

画像

 花冷えの4月2日(土)、中野区支部(鈴木不二雄支部長、S48卒)では中野サンプラザにて13:30より「観桜の集い」を開催した。1月の新年会が中止となり、久しぶりに21名の支部の皆さんが集まり、元気なお顔を見せていただいた。
 記念撮影に引き続き、木村常任幹事の司会で宴がスタート。鈴木支部長の挨拶、依光副支部長の乾杯に引き続き歓談に入り、中野サンプラザからの景色と食事を肴に箱根駅伝や大学時代の話に花を咲かせておられた。
 歓談中、スクリーンには全国の桜の景色が映し出され、ひと時の旅気分を味わっていただいた。中野区の副区長でもある白土副支部長に中野区の近況をご報告いただき、中央大学出身議員である西澤圭太議員・加藤拓磨議員の活動報告、井上幹事長から今後の行事予定や若手会員増強への取り組み等に関して報告があり、三和副支部長の閉会の挨拶にてお開きとした。
 長く親しんだ今回の会場の中野サンプラザも取り壊しが決まっており、来年(2023年)6月の総会での利用が最後になる予定である。毎回スタッフの皆さんにはお世話になっており、一抹の寂しさを感じる。
 帰路に着き外に出ると、中野通りの桜が散ることなく我々を見送るように咲き続けてくれていた。「6月18日の総会でまた会いましょう!」の言葉を掛け合い散会とさせていただいた。

(幹事長 井上)



▲TOP