中央大学 中央大学Webサイト

支部だより

学員時報オンライントップ > 支部だより > 女性白門会支部

女性白門会支部

女子学生応援セミナー開催

▽令和3年11月20日(土)
▽Forest Gateway Chuo

画像

 女性白門会では中央大学キャリアセンターと共催で、女子学生応援セミナーを毎年行っているが、今年も11月20日(土)に第27回ウイングの会を開催した。今年は多摩キャンパスに新設された「Forest Gateway Chuo」の会場とオンラインの参加者を結び、ハイブリッド形式で実施した。ウイングの会は学員の女性だけで構成される支部「女性白門会」が1980年代に発足させた、女子学生就職支援のための会である。今年は、人生100年時代のワークスタイルを考えることをメインテーマに行った。
 まず女性白門会幹事で法学部教授の中島康予先生の開会の挨拶で始まり、第一部では、外資系企業や社会保険労務士事務所で勤務経験があり、現在は社保労務士事務所代表を務める佐佐木由美子さん(中央大学大学院戦略経営研究科2018年修了)による「人生100年時代のワークスタイル~自分らしい生き方を考えよう」と題した講演が行われた。第二部では、民間企業や公務員に内定している4年生3人の就活経験をもとにしたパネルディスカッション「今、知りたい! 就活のリアル ~就活経験者が語る本音の60分~」が、キャリアセンター職員である松岡亜希子さんのファシリテートのもとで行われ、参加学生が熱心に聞き入っていた。
 急な日時の決定で、参加者は例年より大幅に少なく16名に過ぎなかったが充実した時間であったと思う。コロナの終息が見通せない中、就職に不安を感じる学生も多いと思うが、今後も女性白門会としては女子学生の就職支援につながることを続けていきたいと願っている。

(五十嵐星汝・植野妙実子)



▲TOP